海外には安心が一番

郵便局の国際小包

日本から海外に向けて荷物を配送するには、日本郵便(郵便局)のサービスは店舗窓口も比較的多く、使い易いかもしれません。
郵便局なら一度くらいは行ったことがある店舗です。
近所に必ずあり、全国どこの店舗の窓口でも取り扱いされ国際郵便を送ることができます。
地方の郵便局でも取り扱いがあるので安心で便利です。
日本郵便には、国際郵便が用意され、大きさなどに応じて料金が高くなるのは日本国内と同じですが、海外の国別や規定の正確さが厳しくなります。
配送期間が航空便で早いか、種類や船便などで遅いか、荷物のサイズや重さなどと、追跡や保証の有無を含めて料金が変わってきます。
国際小包は、一般的な品物を配送したい時に使えます。
一度に多くの荷物を郵便局窓口で国際小包で出すと料金割引サービスがあり、用途によって方法を考えると費用が軽減されます。

郵便局の切手の利用法

郵便局窓口で、国際小包を10個以上49個までは1割引きで、国際小包を50個以上は2割引きの料金になります。
ビジネスなどで海外へ大量に配送が必須な人や、海外引越の荷物を大量に配送したい時には、同時に郵便局窓口に持参などをすることが安くなる方法です。
国際郵便は、郵便局の切手を貼って送ることが可能で、切手を額面より安価で購入できれば配送費の軽減につながります。
金券ショップやインターネットオークションサイトなどで切手を安く仕入れることなどで軽減されます。
郵便局のインターネットサービスでは、クレジットカードで支払うこともできるそうです。
その場合は大量に配送する人のクレジットカードのポイントを貯めることなどでも経費の軽減になります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ